-長崎市の眼科- 本多眼科 本多コンタクト         

検査・設備について

さまざまな疾患に対応できる検査治療設備を整えています。

蛍光眼底造影検査 糖尿病性網膜症や出血・黄斑 疾患で施行する造影検査です
トポグラフィー 角膜の形状を解析し、乱視や 円錐角膜に有用です。
角膜内皮細胞 角膜の内皮細胞を測定するこ とで、コンタクトレンズによる 細胞の減少や手術の前後の変化を把握します。
角膜を透明に維持するための非常に重要な指標です。
オクトパス視野検査 静的視野検査
ゴールドマン視野検査 動的視野検査
ヘスチャート 複視(眼筋運動)を調べる。
YAGレーザー 眼内レンズ手術後に生じる後発白内障を治療します。
網膜光凝固レーザー 糖尿病眼底出血、浮腫、裂孔を治療します。
OCT
(光干渉断層計)
網膜や視神経を前眼部断層で立体的に解析でき、肉眼や造影では読み取れない所見を詳細に把握することができます。
GDX
(視神経形状解析装置)
緑内障の診断に有用です。
SLT
(選択的レーザー繊維柱帯形成術)
緑内障での眼圧を降下させる目的のレーザーです。
手術と違って、外来で施行でき、治療中の痛みはありません。
従来のレーザーよりも目の組織への影響を少なくしてあり、繰り返し施行できます。

bed


             OCT   SLT
                    
                  OCT (光干渉断層計)    SLT (選択的レーザー線維柱帯形成術)





                             角膜疾患・眼底疾患で病状の重い方には、
                             眼注射や点滴の治療が必要なことがあります。

                                外来ベッドにて施行できます。









Honda Eye Clinic 1991 All Rights Reserved.