-長崎市の眼科- 本多眼科 本多コンタクト
こんな症状ありませんか?

今のあなたの目に以下の症状があったら、要注意!
疾患は上にあげるものだけとは限りません。
自分で判断せず、眼科に相談してみてください。
眼の病気をもっとくわしく知りたい方は、以下のサイトをご参考ください。

(株)三和化学研究所 目 と健康シリーズ
日本眼科医会 ヘ ルスインフォメーション
参天製薬 目 の健康








Honda Eye Clinic 1991 All Rights Reserved.

症状 考えられる主 な疾患
目がかすむ 白内障、緑内障、眼精疲労、眼底疾患すべて
乾く、ごろごろする 角膜障害、ドライアイ、結膜炎
かゆい アレルギー、ドライアイ
疲れる 老視、眼精疲労、ドライアイ、緑内障、ストレス
中心部がみえない
ゆがんで見える
小さく見える
眼底疾患(眼底出血、中心性網脈絡膜炎、
黄斑変性、黄斑円孔など)
視野で見えないところがある
(右半分が見えないなど)
眼底疾患(眼底出血、網膜剥離、脳疾患)
黒いものが飛ぶ、飛蚊症 加齢や生理的なもの
炎症による硝子体混濁、網膜はく離
眼底出血
目の奥が痛む 眼精疲労、眼窩神経痛、緑内障
ライト、光の周りがにじむ 緑内障(虹輪視)、白内障
眼鏡、コンタクトをすると調子が悪い ドライアイ、結膜炎、コンタクトレンズの劣化、度数、カーブ の変化、角膜障害
子供の視力が急に落ちた 近視、ストレス、調節緊張
糖尿病がある 眼底検査を必ず受けましょう。
自覚症状がなくても、眼底に変化が起こっていることもあり、定期検査が必要です。
40才前後である 目の丈夫な人もできればこれからは一年に
一度は目の定期検査を受けましょう。

老視、眼鏡の度数の変化、動脈硬化、ストレス、など、眼にいろいろな変化がおこりやすい年齢です。
40歳以上の成人で緑内障を持っている割合は、30人に一人であるといわれています。