医療法人社団 浜中皮ふ科クリニック
ホーム院長紹介スタッフ紹介アクセス中:皮膚疾患アクセスリンク
皮膚疾患説明|老人性皮膚疾患
  老人に多い皮膚疾患

1)  湿疹群およびその類症
2)  真菌性皮膚疾患:白癬、皮膚カンジダ症
3)  ウィルス性皮膚疾患:帯状疱疹、単純性疱疹
4)  皮膚掻痒症:老人性皮膚掻痒症
5)  皮膚腫瘍
6)  動物性皮膚疾患:虫刺症、疥癬
7)  薬疹
8)  蕁麻疹群
9)  角化症::鶏眼、胼胝
10)  脂腺・汗腺分泌異常:汗疹
11)  痒疹群
12)  膿皮症(細菌感染症)
13)  温熱寒冷化学障害:熱傷など
14)  炎症性角化症:尋常性乾癬など
15)  皮膚壊疽:褥瘡、糖尿病性壊疽、ASO
16)  紫斑病
17)  爪疾患:爪白癬、カンジダ性爪炎、陥入爪
18)  色素異常症
19)  紅斑症:多型紅斑、結節性紅斑など
20)  中毒疹
その他:水疱症:類天疱瘡、天疱瘡

  老人に見られる水疱症

水疱性類天疱瘡 高齢者に多い、大きい緊満性水疱
天疱瘡
尋常性天疱瘡
弛緩性水疱糜爛
落葉状天疱瘡 表在性水疱糜爛
後天性表皮水疱症 大きな水疱、瘢痕形成
治療 いずれもステロイド内服を要する、副作用に注意
  薬疹の原因となった抗生剤

1位 セフェム系 (29.8%)
2位 ペニシリン系 (21.1%)
3位 キノロン系 (17.5%)
3位 カルバペネム系 (17.5%)
4位 マクロライド系 (7.0%)

(3〜4位が増加している)
  薬疹の原因となった循環器治療薬

Ca拮抗剤 (37.5%)
血管拡張剤 (20.8%)
ACE阻害剤 (16.7%)
高脂血症治療薬 (12.5%)
非サイアザイド系利尿薬 (4.2%)
  高齢者にみられる薬疹の発疹型

紅斑丘疹形 (36.8%)
多型紅斑型 (12.6%)
湿疹型 (5.6%)
紅皮症型 (5.4%)
固定疹型 (4.9%)
 
扁平苔癬型、光線過敏型、乾癬型が増加
循環器治療薬の影響
Ca拮抗剤では乾癬型が多い
  老人に多い皮膚腫瘍

脂漏性角化症 老人性疣贅。頭部、顔面、体幹などに多い。
粟粒大から大豆大の疣状、角化性丘疹。
放置しても良い。
癌前駆症、
老人性角化症
顔面、手背など日光露出部に多い、角化性紅斑性局面。
放置すると有棘細胞癌へ進行する。
表皮内癌、
ボーエン病
体幹、四肢に赤褐色の固い斑を生じる。
内臓悪性腫瘍を合併することもある。
放置すると有棘細胞癌へ進行。
ページェット病 乳房、腋窩、外陰部に境界不明の紅斑、びらんを生じる。乳房発生は乳癌として治療する。
進行するとリンパ節転移、全身転移する。
  老人に多い皮膚悪性腫瘍

基底細胞癌
(BCC)
顔面に好発する黒色斑、時に潰瘍化。転移は殆ど起こらない。切除すれば全身的には問題なし。
有棘細胞癌
(SCC)
顔面、手背などの露出部の難治性潰瘍あるは腫瘍。
悪臭が強い。放置するとリンパ節転移、全身転移する。
悪性黒色腫
(メラノーマ)
色素細胞、母斑細胞、悪性黒子より発生。
下肢特に足底に多い。頭頚顔、口腔、眼球に発生する。
生検は禁忌。最も悪性で転移しやすく、放置すると予後不良。
TOP
2005 Copyright(C) Hamanaka Dermatology Clinic All rights reserved.