医療法人社団 浜中皮ふ科クリニック
ホーム院長紹介スタッフ紹介アクセス中:皮膚疾患アクセスリンク
皮膚疾患説明|スキンケア
清潔の保持

1. 入浴
入浴回数 週に一回程度(寝たきり高齢者)
週に二回の入浴(外用治療中)
石鹸は普通の固形石鹸
ボディーソープは使用しない
殺菌剤入りの石鹸は使用しない
乾燥皮膚の場合は低刺激石鹸
2. 部分浴(足浴 手浴)
清潔に保つ
血液循環を促進
気分転換
入眠促進
3. 洗髪
週1〜2回は洗髪が必要
困難なときには市販のドライシャンプー、アルコール洗髪
4. 清拭
入浴が不可能な場合
5. 陰部洗浄
尿と便により湿潤と汚染を起しやすい
―オムツ皮膚炎、カンジダ症
ぬれティッシュやオムツ拭きは皮膚を刺激するので、注意
乾燥からの防御
高齢者の乾燥皮膚の原因
1) 発汗の減少 
2) 角層のバリアー機能の低下
3) 水分保持機能の低下
4) 皮脂分泌能の低下

症状 皮脂欠乏性湿疹、老人性皮膚掻痒症、貨幣状湿疹、慢性湿疹、慢性痒疹を誘発
対策 加温型加湿器を使用
保湿外用剤 尿素軟膏、ヘパリン様物質、白色ワセリン、アズノール軟膏、親水軟膏、ザーネ軟膏、パスタロンRソフト、ヒルドイドRソフト
圧迫とずれのスキンケア

1. 圧迫の回避
200mmHgの圧力が2時間で皮膚壊死が発生
2時間ごとの体位交換が有効
エアーマットか高密度ウレタンマット 
坐骨部にムートン、車椅子用の高密度ウレタンマット
2. 摩擦とずれ
ギャッジアップ 30度以下に留める
寝具のしわ 便器挿入時に注意
失禁に対する対策

1. 尿失禁とその対策
尿刺激によりオムツ皮膚炎、カンジダ症を起しやすい
尿とりパッドとオムツによる対応
2. 便失禁とその対策
1日2、3回の陰部洗浄、浣腸により計画的に排便させる
外用療法: 亜鉛華単軟膏 白色ワセリン アズノール軟膏
TOP
2005 Copyright(C) Hamanaka Dermatology Clinic All rights reserved.