トップ>会長挨拶

会長挨拶
公益社団法人
鳥取県柔道整復師会


会長 岡村清史
 
ごあいさつ
 公益社団法人が認可されて2年目を迎え、柔道整復師は再度その意義を、原点に帰り確認していかなければならないと思います。
 それは決して本会の運営上の意味合いにとどまらず、柔道整復師にその使命と責任を明確に指し示した歴史的な転換であったと思います。
 国民医療の一端として柔道整復術は人々に広く受け入れられ、民族医学として伝承されてきた施術であるが、その事があたかも電気の時代にランプが如き認識のあることも残念でなりません。
 器が出来ても内容が理解されなければ本当の意味での認可と成り得ないからです。
 それには柔道整復学を学ぶさらなる向上の努力と、高度に発達しゆく現代医学を尊重し、理解し、学び、成長の糧としていく勇気が必要です。
 そして何よりも柔道整復術の成果と実績を積み重ねていくしかありません、
 また高齢化社会の中で、介護の分野にも機能訓練指導員として活躍していきたいものです。
 地域医療の一端を担う使命と責任を自覚し、全員が先頭に立って貢献していきたいと思います。

(2016/05/29)

以前の会長挨拶


公益社団法人鳥取県柔道整復師会
 〒680-0022 鳥取市西町4−210−4
          TEL 0857-22-0292
          FAX 0857-22-3303
          Mail tori-jusei@do5.enjoy.ne.jp